シロちゃんの旅立ち


aloha :cat:
先週は1週間のほとんどを関西で過ごしました。
火曜日に家を出る時、庭で暮らす2匹の野良猫達の為に自動給餌器を設置し・・・いつものようにグレーの猫に「金曜日に帰るね・・・よく考えて食べて :su2: 」と話しかけ、本来なら体の弱いシロちゃんにも話しかけるのだが、彼女は小屋の中にいたようなのであえて声をかけず待たせていたタクシーに飛び乗りました。

一昨日、金曜の夜に帰宅しいつものようにベランダを見ると・・・グレーとシロちゃんが仲良く餌を待っています。
リビングに明かりが灯ると彼女たちはいつものようにこの場所にやってきます。

グレーは身体もしっかりしているのでドライフードが食べれるのですが、シロちゃんは身体も小さく、足も悪く目も片方見えないという子なので・・・ドライフードをあまり上手に食べられません・・・私はいつ頃からかそんな彼女の為にウェットタイプの餌を用意するようになっていました・・・一昨日もいつものようにウエットタイプの餌を彼女たちに与えると・・・グレーは元気よく食べているのですが、シロちゃんは少し匂いを嗅いだだけで・・・食べようとしません。

「どうして食べないの?」と身体を撫でようとしたら・・・いつもは嫌がって逃げるのにその日は大人しく身体を触らせてくれました・・・何かおかしいと思ってもう一度身体をさわろうとしたら・・・シロちゃんはゆっくりと歩いてガレージの方へ移動してしまいました・・・。

その後姿を見て・・・痩せたな・・・と・・・。

元々丈夫な子ではなかったので彼女の為にスープのような餌もストックしておいたので、慌てて液状の餌に彼女の大好きなカツオのおやつを混ぜてシロちゃんを探すと・・・車の下にいます・・・。
さりげなくお皿をシロちゃんの近くに置いて・・・どこで遊んできたのか・・・長毛が絡まったグレーの毛づくろいをしながらシロちゃんの様子を見ていると・・・ペロペロと少しだけ舐めているようです。

車の下に餌を置いておくわけにも行かず・・・彼女の好きなミルクを入れてお庭に餌を置いて家に入りました。

明け方4時頃・・・仕事を終えて何気にガレージを見るとグレーがこちらを見て座っています。
窓を開けると・・・「ニャ〜」と鳴くので不思議に思ったのですが・・・関西の激務で疲れ果てた身体に更に深夜までの仕事が重なり・・・とにかく眠りたかった私は「おやすみ〜」とそのまま眠りにつきました。
5時半ごろ・・・いつもより少し早めに出かけなくてはならないウキワちゃんの家来のフーが・・・一度家を出たのですがまた戻って来て・・・「シロが死んでる・・・」とても申し訳なさそうに・・・私は慌ててガレージに飛び出すとシロちゃんはもう死んでしまっていました・・・。

「後は私が・・・」彼が出かけて直ぐに私は彼女たちの為に買いだめてあった新品のブランケットでシロちゃんの身体を抱えると彼女の身体はとても軽くて・・・まだ旅立ってからそんなに時間が経っていないようでした。
この日が来ることがなんとなくわかっていたので彼女の為に発泡スチロールの箱を保管しておいたのでその中に彼女を寝かせ、大好きだったおやつを入れ、お線香を上げお経を唱え彼女に「またおいでね・・・」と。

雨が降るわけでもなく、雪の日でもなく・・・爽やかな春の風が吹く暖かい日の早朝・・・彼女は旅立ちました。
彼女はきっと私が帰ってくるのをまっていてくれたのだと思います。
明け方グレーが私を呼んだ時が彼女とのお別れの時間・・・シロちゃんは先住猫のグレーに見守られながら旅立ちました。

専門業者に連絡をし、彼女の身体を受け取りに来てもらうまで・・・彼女はいつものお気に入りの場所に発泡スチロールの蓋を閉めて寝かせておきました。
その横の部屋で私は業者さんが来る時間まで仮眠を取ろうとうとうとしていると・・・いつもの様に猫が小屋の屋根に登る音がします・・・グレーがお別れに帰って来たのかと外を見ると誰もいない・・・うとうとするとまた音がする・・・。

急激な睡魔に襲われ眠りに落ち・・・しばらくすると玄関のチャイムが鳴りました。
庭に出ると・・・閉めておいた蓋が空いています・・・逃げたわけでもなく蓋が空いていて「あれ?」と思いました・・・。

野良猫は通常無料で引き取ります・・・との事でしたが、私はみなさんから見料を頂いているその一部を動物達の為に使わせて頂いています・・・「野良猫ですけどウチの子ですから・・・」とお金を差し出すと担当の方は驚いていましたが私が差し出したお金と白い箱を大切そうに抱えて、「お預かりしました」と優しく言って彼女を抱えて行ってくれました。

最後に「もう一度お顔を見せて下さい」とお願いしシロちゃんのお顔を見た時、本当に綺麗な子だったなぁ・・と野良猫でなければもっともっと生きれたのに・・・と。

車が走り去った後、彼女の為に置いておいたウエットタイプの餌がまだ残っているのに驚きました。
なぜなら・・・ウエットタイプの餌はグレーが大好物なので食の細いシロが残した餌はグレーがいつも食べてしまうのです。

グレーもちゃんと解っていて、シロちゃんの為に餌には手を付けずずっと朝まで寄り添ってたようです。

それから数時間・・・いつもの彼女のお気に入りの場所で音が聞こえていましたが、最後の音を聞いて私が庭を見た時‥‥白い猫が私の目の前を横切りました・・・それが彼女を見た最後の姿です。

シロちゃんはもう足を引きずる事もなく目が見えない事もなく・・・お腹も空かない天国へ旅立ちました。
とても悲しいことだけど、私はほっとしました・・・。
これでもうシロちゃんは野良猫ではなくなるから・・・彼女は今世猫として生まれ・・・野良猫として暮らし最後のその日までしっかりと生き抜いて旅立ったのですからしっかりと務めを果たしたのです。

次は飼い猫になれるといいね・・・。

野良猫は生き伸びることの方が死ぬことよりも何倍も辛いものです。
雪の日も雨の日も・・・真夏は車の下で涼み真冬は家屋の隙間で寒さをやり過ごし・・・喉が乾けば泥水を飲み、お腹が空けば家庭のゴミを漁る・・・そうやって生き抜いて行くことのほうが死ぬことよりも何倍もつらいものです。

野良猫は家で死なないという話しを聞いたことがあります・・・。

確かに、12月までいたクロちゃんはある日帰ってこなくなりました・・・。
その数日後・・・猫ハウスで丸くなっていたシロちゃんはお姉さん猫のグレーによく顔を舐めて貰っていました。

シロがやってきた時、この子は家で見送ることになるという事をなんとなく感じていたのですが、私の手で送ってあげられてよかったな・・・とそう思います。

野良猫との共存については賛否両論ありますが、野良猫とはいえ魂です。
神様の分け御霊である魂ですから・・・。

彼女は今頃足をひきずる事もなく・・・目が見えない事もなく・・・元気に走り回っていることでしょう。
いつの日かまた彼女の分魂に逢える日を楽しみにしています。

大切なペットを失った方が今このブログを見ているとしたら・・・どうか自分を責めないでください。
悲しまないでください・・・ペット達は死後の世界でもちゃんと生きています。
貴方のペットはこの世にいた時よりももっともっと元気な姿でちゃんと生きています。
そして、貴方が逢いたいと思えばいつでもあなたのそばにやってきます。

神様の管轄で死を超えて彼らはちゃんと生きています。
動物たちは今もとても素晴らしい世界で楽しく元気に生きています。
逢いたい時はいつものように名前を呼び声をかけるとちゃんとやってきます。
見えないだけでそこに彼らはちゃんと存在するんです。
だからこそ悲しい顔は見せないであげてください・・・彼らが気にしてしまいます。
どうか忘れないでください・・・彼らは死後もちゃんと生き続けているということを。

mahalo

鮑義忠先生とAya&BeBeの三位一体企画第一弾!
『龍神召喚の書〜龍があなたの人生を動かす〜VOICE』
が絶賛発売中です!!

かなり本格的な龍神召喚の本です!!
専門的な事もとても分かりやすく書かれています!

*鮑 義忠先生のブログ*http://ameblo.jp/taoizm-fengshui/
* 姉の彩の裏ブログ*http://ameblo.jp/ishitukaiaya/

公式メルマガの登録は↓こちら

メールアドレスを入力してボタンをポチッとするだけで、ブログの更新やメルマガだけのマル秘情報を配信しちゃいます♪

ツイッター:@BeBea_ni  Twitterはどんどんフォローしてね!

インスタグラム:BeBea_ni インスタはプライベート画像満載です。

裏ブログ:BeBeaniのコソコソ話  アメブロは読んでくれたら喜びます。

通常鑑定復活しております!今月はクリスマス前のうきうき月間ということで、恋愛のご相談を強化しておりますよ〜!!

BeBeのサイキックリーディング(タロット)をご希望の方はお問い合わせからご連絡くださいませ!!

関東・関西限定 現地監修付き出張鑑定再開いたします。風水鑑定へのご質問はお問い合わせからご連絡ください。

セッションのお問い合わせ(サイキック・タロットリーディング・風水鑑定)
電話鑑定:30分 1万円  お問い合わせ

*台湾(台北)界隈のお住いの方にお知らせでございます。^^^^^^^^
風水現地鑑定・筆書き込みの出張鑑定を開始いたします!!(台北付近限定)交通費・宿泊費は全てこちら側で自己負担致します。

*詳細はお問い合わせから遠慮なくお尋ねくださいませ。^^^^^^^^^

image

ランキングアップへのご協力ありがとうございます!

鳳凰が空を舞っているお写真。

待ち受けにしてくださった方から早速、開運報告が届きました!!

あと、心が穏やかになったというご意見もありました(笑)

応援バナーをクリックしてください!!ランキングが圏外からじわじわと上がってきております。皆様どうぞランキングアップにご協力お願いいたします!!下のバナーをぽちっと!押してください!ご協力に感謝です!!

mahalo

本日も応援のクリックをどうぞ宜しく御願い致します。
ランキングアップにご協力ください。皆様の応援に感謝です!!
ぽちっとな!⇩⇩
Please click these Ranking buttons♪

ワンクリックで両ランキングサイトへ応援クリックできます。

17 Responses to シロちゃんの旅立ち

  1. ううう、BeBeさんの優しさに涙…
    シロちゃんの健気さにも涙…
    動物にも魂がある…だから真心で接すれば通じることができるんですね。
    うちのペットにももっと優しくするんだったなぁ(T_T)

  2. BeBeさま
    野良猫といえども、命に代わりありません。
    シロちゃんは、ハンデを持ちながらも寿命をまっとうしたんやね。
    グレーに寄り添われ、最期に供養までしてもらえたのは、
    そのご褒美じゃないかな。
    彼らはどんな境遇でも、「生きていく」ことだけを考えている・・・
    過去や未来に生きるのではく、今を生きている―
    教えられますよね。
    シロちゃん、今度はペットになって可愛がってもらうんだよ~

  3. kantsuki様
    今夜の福岡地方は数日ぶりに冷え込むので猫ハウスを見に行くと、
    グレーがポツンと入ってました・・・。
    カイロを入れてあげてハーブのノミ取り首輪を新しい物に取り替えてあげました。

    野良猫でも頑張って生きてますからね・・・私達も頑張らなくちゃ(笑)
    ところで、11日の件有給どうなりました?

  4. しおん様
    ちょうどシオンさんのお寺の阿弥陀如来さまにお目にかかった後の出来事だったので、不思議と穏やかな気持で送ることが出来ました。

    読経しながら猫にこのありがたいお経がわかるんかいな?
    などと思った私です・・・。

  5. ようこ❤

    BeBe さま

    おはようございます。
    悲しい出来事ですが、確かに野良でいる事の方が苦しいですよね・・
    そして、グレーとBeBeさんに見送ってもらえた事にシロちゃんは感謝していると思います。

    私も一昨年、クリスマスに買ってきた柴犬がわずか1週間で・・2012年元旦に死んでしまいました・・
    病院もまだ決まっていない状態だったのですが知り合いに教えてもらった病院に駆け込んだら・・お腹に虫がたくさんいると・・
    たぶん、お店にいる時からもう病気だったと・・
    お正月なのですぐに火葬してあげる事も出来ず、3日間家にいました。
    その間、ずっとお線香を焚き続け亡骸と共に過ごしたお正月でした。

    自分を責めましたが、今日のブログを拝見して楽になりました。

    もう動物を飼うのはやめようと決めていたのですが、彼が誕生日プレゼントにと、他にも理由があるのですがプードルをプレゼントしてくれたので今はプードルちゃんと共に過ごしています。
    マナカードの中から名前を決めようと決めていたので(神様に失礼かと思いましたが・・)その中から選びました。

    今日はあの震災から3年目になります。
    命の大切さを改めて感じさせて頂いたブログでした。
    長くなりましたが、ありがとうございました。

  6. bebeさま

    大丈夫ですか?
    大事にされていたシロちゃん
    シロちゃんは、ほんとに、愛され、幸せでしたね
    私も、昔、身体の弱い産まれて間もない猫ちゃんを、手の中で抱きながら看取った事があります
    涙が止まりませんでした
    いつか、シロちゃん、BeBeさんのもとへ、何らかの形で戻ってくるのかなぁと、思っちゃいました
    BeBeさんの心の温かさを感じました♡

  7. Yoshibay☆

    BeBeさま
    シロちゃん、虹の橋を渡ったんですね。
    短い生涯の最期をBeBeさんとフーさんとうきわちゃん、そしてグレーちゃんと共に過ごせてきっととても幸せだったと思います。
    美味しいご飯を貰えた事やグレーちゃんにグルーミングしてもらえた事、ベランダからじゃらしで遊んでもらった事、沢山の楽しい思い出と共に旅立つ事が出来てよかったね。

    向こうについたらま〜ともお友達になってくれるかな?

    シロちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

  8. ようこ❤ 様
    ハワイの神様から頂いたプードルちゃんお名前はどんな名前ですか?
    私は、数年前保護したチワワの赤ちゃんにヒナと付けた事があります。

  9. みつこ様
    お気遣いありがとうございます。
    今日も日中お庭を見ていたのですがシロちゃんの姿をみかける事はありませんでした。
    虹の橋を渡ってくれたようです。

    シロちゃんとまた会える日が楽しみです!

  10. Yoshibay☆様
    ありがたいことに、ウキワちゃんの家来のフーは庭で猫が遊んでいても・・・玄関で伸び伸びと昼寝していても・・・メルセデスに乗っかって毛づくろいをしていても(笑)決して声を荒げたり、猫を追い払ったりすることなく、野良猫にとても寛容に接してくれます。
    時々抱き上げて遊んでいたりします(笑)
    仕事柄主人が生き物が嫌いだから・・・と室内で飼ってあげられそうなサイズの犬を外で飼ってフィラリアにしたり・・・妻が猫が嫌いだからと・・・寂しそうにつぶやく猫が飼えないご主人のお話なんかを聞く機会があるのですが、そういう話しを聞くとある日突然庭に猫が増えていても新しい猫が来たね〜(笑)と私のすることに嫌な顔ひとつしないフーには本当に感謝です・・・。

  11. Be-Be様

    ご無沙汰しておりましたm(_ _)m
    あの日に会えたシロちゃん…天寿を全うして旅立てたンですね
    ワタシからもご冥福をお祈りします。
    (T^T)皆さんの優しさにジワッとします

    ワタシも、まだまだですが、少しずつ周りのみんなやペット達に頂いたモノをお返ししながら生きて行きたいなと…思います。
    地道に頑張ります!!

  12. BeBe 様

    こんにちわ(*≧∀≦*)

    私もヒナを使わせて頂こうと思ってたのですが家に来た時、とてもビビリで大人しすぎて生きれるだろうかと心配になるくらいだったので、マナと名付けさせて貰いました。

    マナ(力を与えること)という意味だったので元気になるようにと…
    そして、マナに出逢って下さった方が少しでも元気になってもらえたらと…(^-^)

    神様のカードから勝手に…とは思ったのですがどうしてもマナカードの中から選ばせて貰いたかったんです…

    お陰様で来た時の様子が嘘のようにヤンチャ娘になり、でも必要以外はまったく哭かないおりこうさんです(^-^)…今の所ですが(^-^;

  13. しの様
    シロちゃんは雪の日も雨の日もいつもグレーに寄り添われて猫ハウスで頑張って越冬しましたよ。
    ハンデがあっても一生懸命生きてくれた彼女に沢山教えて貰いました。

    命の大切さを再確認させて貰って・・・彼女には感謝です。

  14. BeBe 様、しろちゃん、グレちゃん、

    コメントが送れてごめんなさい。読んでぶわ〜っと :sad2: 号泣したのですが、何年かぶりにひいてしまった風邪で体力が消耗してました。

    相も変わらずの BeBe 様の愛情と奉仕に感動して元気づけられます。
    しろちゃん、虹の橋の所でのんびりしてるかしら。グレちゃん、優しいね。グレちゃんみたいに優しくする事が、偉そうにしてる人間には難しい事みたいなのよ。

    あ〜、涙がでる。 :sad2: :sad:

  15. 明  様
    最後に彼女がいつものように庭を横切っていく姿を見ました・・・足は引きずっていたけど元気な頃のシロちゃんでしたから・・・今頃虹の橋で遊んでると思いますよ。
    橋を渡ったらもう足も不自由じゃないはず・・・。
    今ふと思い出したのですが、そういえば昨夜の明け方シロちゃんがベッドの所に来てたような気がします。

    逢いたい時はいつでも逢えます。
    おいで!って言えば来てくれるから。
    レオも同じですよ。
    時が流れても・・いつでも逢えます。

  16. 一昨日16年を共にした愛犬が天国に行きました。
    寝たきりで、体も弱っていたのですが、食欲もあって上半身を一生懸命動かしていたりしていました。
    母親は彼の為に晩ごはんも作っていましたが…
    兄が覗きに行った時にはひとり静かに逝ってしまってした…
    そばにいたのに最期に一緒にいてやれなかった…
    寂しくなかっただろうか
    苦しくなかっただろうか…
    なぜ気づいてやれなかったのか…
    後悔ばかりでしたが、ビビさんのお話を聞いてすごく救われました。
    彼が幸せであることを祈って…
    ビビさんありがとうございます

  17. 祥子 様
    16年も一緒にいられたなんて本当に幸せでしたね・・・。

    我が家のチワワも6月で9歳です・・・最近は自己主張をするようになってきてまるで人間の子供のようです・・・犬年齢だとちょうど人間の更年期のお年ごろ・・・。

    私もシロちゃんの最後にそばに居てあげられなかったことを悔いましたが・・・それが彼女なりの気遣いだったと思うんですよ・・・。

    今でもふと庭でシロの気配を感じます・・・そして初代のクロちゃんの気配も・・・昨年の12月の初旬に凄く冷え込んだ夜があったのですが・・・小さな猫ハウスにクロちゃんとグレーとシロちゃんが仲良く3匹で入っていたことを今ふと思い出しました・・・。
    あの数日後にクロが居なくなったんです・・・。
    小さな魂でもちゃんと助け合いながら生きていたんですよね・・・。

    シロを見送ってから不思議と寂しくはないんですよ・・・いつでも会えることを知っているので・・・だから祥子 さんも悲しまないで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。