生きながら色欲道に墜ちた場合


お盆ジュ〜ル。

さて本日もお盆ジュ〜ル企画、本当にあったかもしれないけどどうでもいいような怖い話をお届けします。

皆様は色欲道という言葉をご存知でしょうか?畜生道に並んで死んだら行きたくない”地獄シリーズ”の中でよく出てくるこの言葉・・・。

実は、あの世だけでなく、実はこの世にも存在する色欲道。

色欲道に墜ちた人間というのは、麻薬から手が切れない人間と同じく、羞恥心や嫌悪、善悪の区別が無くなる。

不倫中の子持ちの人妻を例にすれば・・・夫も子供もいて、とても幸せな家庭があるが、影でコソコソと妻子ある男性と逢瀬を重ねそのうち、子供や夫は置物のように存在が薄れ、相手の妻や子供を疎ましいと思い始め、良妻賢母を演じているつもりであっても、ただの色に狂った色欲の鬼と化す。

お互い家庭を壊すことなく大人の関係で・・・これがうまく行く場合も当然ある。だから私はこれを否定も肯定もしない。

ただ、私が思うに不倫の中でも最も悪なのが(あくまでも私見です)子供も居て、夫もいる普通に幸せな主婦の不倫というのが一番タチが悪い。その逆もタチが悪いけどね。

子供を持たない夫婦であれば、被害は最小限で済む、傷つくのは夫や妻だけだし、離婚といえど子供がいなければ極端な話、同棲を解除するようなものであろうが・・・子供がいるのであれば話は別です。

大人の付き合いでとか言って、ただSEXしたいだけの色欲道に墜ちた人間の家族というのは無関係な子供達まで地獄行き・・・。

もしかして、死んでからいくと思っていませんか?色欲道・・・。

私は少なくとも、この仕事に就てからかなりの数の生きながらにして色欲道に墜ちた人間というのを目の当たりにしてきました。

中には、明らかに正気とは思えない言葉を発しているのに、私は至って普通です、家庭では穏やかにいい母、いい妻やってます・・・と、薄ら笑いで宣うのだが、明らかにもう色に狂っている。

色欲と金への執着で、身も心も腐り果てていることに気づかず、ちょっとでも気に入らないことを言われると、それを指摘する私に対して凄まじい言葉で攻撃をしてくる・・・色欲道に墜ちた人間というのは正直救いようがない。

若い時分に(20代くらいまでね・・・)色に狂った人間というのはまだ、若気の至りという言葉で片付けられるが、中年以降35歳を過ぎてからこの色に狂うというのは非常に恐ろしい。

40歳前にして風俗に狂って、家族を失ったおバカなお父ちゃんもいる・・・。

自分の心が『清く・正しく・善良であるかどうか』正直、色欲道に墜ちた人間というのはそんなのはどうでもいいのだ、エッチしたい、エッチな事でお金もらえたら一石二鳥、肉体の欲を満たしたい・・・援助交際といえば聞こえはいいが、それってアレだよね?

肉体の欲にのめり込みすぎて、快楽から抜け出せなくなると、善悪の判断が鈍る。

つまり、他の人は許されないけど、きっと私は色々都合もあるから許される・・・とか自分都合な事考えても無駄だ・・・色欲道に墜ちた輩は自力では這い出る事は不可能だよ。

男性でもいらっしゃいますね、妻と子供がいるのに新しいメスを見るたび発情する『ひたすら発情馬鹿』恥ずかしいとは思わないのだろうか?

あ・・・!

色欲道に墜ちたら『恥ずかしい・これはいけない事だ・人を傷つける・何もかも失う』などという配慮や、羞恥心がなくなるんだったね。

羞恥心というのは仏様が、色欲地獄へ堕ちるでないぞ、畜生道へ堕ちるでないぞ・・・と、警告を兼ねて人間に与えた大事な感情。(って、昔法話の授業で習った)この感情があるからこそ、罪の意識というものがあるのだそうな。

欲情の虜になってしまうと、魂よりも肉体が主導権を握る・・・そうすると肉体の欲に魂が振り回されてしまう。

これって、お盆の時期とかさらに危険度アップなのだが、地獄の門が開き地上に出てきた、どげんかして人間に取り憑いてやろうと企む地獄霊達にしてみれば、願ったり叶ったり・・・つまり生きながらにして、色欲道に堕ちるという事は霊的にスイッチしても相当危険という事になる。

*私、神道ですが仏教学校出身なので、あえて地獄という言葉を例えで使っております。

肉体の感覚器官を喜ばすべき快楽。

本来はこの世で魂の修行をするために与えられたご褒美のようなもの。修行を放棄して快楽のみ欲しがると・・・結局は己の欲が不幸を呼び込む事になる。

神仏の慈悲の範囲を超えた、自分都合の快楽は己の身だけでなく、大事な家族や、周りにいる人も地獄へ誘うということです。

ここでお盆ジュール”神筆”をどうぞ。⇩

人間といふは欲深き生き物なりて、常に何かを欲し快楽を欲し、己が貫くが事、頭では悪しき事と思うた振りをせばするほど、乾きし喉に塩水を流し込むかのごとく喉の渇きは地獄の渇きと成り代はる。

善悪の判断もろくにつかざるものが、我は母親で候ふと優しき顔の下は般若のごとく色欲にまみれ、その穢れた手で無垢なる子供を気枯れさせ、良妻賢母気取りしところで己の御霊は既に色に染まっておるぞ。

神々が与へし喜びは慈悲を悪用する者の為にあらず節度守れぬのであらばこの先の道に光はささぬと心得よ、我を見つめて御霊磨けよ


心当たりのある方はまだ間に合います・・・「魂を磨いて高めていくこと」そして、我が子の為にもその男から離れた方がいい。

お相手の奥様やお子さんのかぶる地獄をあなたは自分の子供や家族にも背負わせる覚悟があるのですか?自分だけが傷つくわけではないのです。

人生半ばを過ぎた方は特に耳に入れてください・・・もう若くないということは・・・死んだ後取り返しがつかなくなるということです。

メルマガでは特別鑑定などの情報も配信します!

BeBeの公式メルマガもどうぞ宜しくお願いします。

公式メルマガの登録は↓こちら

メールアドレスを入力してボタンをポチッとするだけで、ブログの更新やメルマガだけのマル秘情報を配信しちゃいます♪

鮑義忠先生監修パワーストーンサイト

*鮑 義忠先生のブログ*

もうすぐ、姉の綾との5年ぶりの”スペシャルハワイアンコラボ”も企画しておりますよ〜!!

* 姉の彩の裏ブログ*

http://ameblo.jp/ishitukaiaya/

次回の風水セミナー開催予定日

2016年9月4日(日)八宅風水・10月2日(日)フライングスター風水・11月6日(日)ケーススタディー 自宅のコンサルテーション

2017年1月(未定)コンサルテーション実地・修了テスト・修了証発行

下半期風水セミナー詳細

*日時:2016年9月4日(日)

*時間:14時〜19時

*場所:新宿

内容:八宅風水・日本一早い2017年風水傾向

*受講料:54000円(テキスト・備品代含む)

参加資格:年齢制限はありませんが、9〜11月までの計3回の風水セミナーを受講してくださる方が対象です。初心者の方、ご自分の運気やご家族の運気をアップさせたい方、なんとなくやってみたい方、プロ志望の方・現在既に風水マスターとして活動していらっしゃる方。

*羅盤などのご準備は必要ありません。まずは携帯のアプリやお手持ちのコンパスでご参加ください。(残席3名)

参加お申し込み・お問い合わせは『風水セミナー』からお気軽にご連絡ください。

 

レギュラー番組:フジテレビ深夜 #ハイ・ポール 

『どうぶつタロット占い』では毎回ゲストとペットをお招きしてアニマルコミュニケーションを行っています。

image

 

 

 

 

 

鮑義忠先生とAya&BeBeの三位一体企画第一弾!
『龍神召喚の書〜龍があなたの人生を動かす〜VOICE』
が絶賛発売中です!!

かなり本格的な龍神召喚の本です!!
専門的な事もとても分かりやすく書かれています!

*鮑 義忠先生のブログ*http://ameblo.jp/taoizm-fengshui/
* 姉の彩の裏ブログ*http://ameblo.jp/ishitukaiaya/

公式メルマガの登録は↓こちら

メールアドレスを入力してボタンをポチッとするだけで、ブログの更新やメルマガだけのマル秘情報を配信しちゃいます♪

ツイッター:@BeBea_ni  Twitterはどんどんフォローしてね!

インスタグラム:BeBea_ni インスタはプライベート画像満載です。

裏ブログ:BeBeaniのコソコソ話  アメブロは読んでくれたら喜びます。

BeBeのサイキックリーディング(タロット)をご希望の方はお問い合わせからご連絡くださいませ!!

関東・関西限定 現地監修付き出張鑑定再開いたします。風水鑑定へのご質問はお問い合わせからご連絡ください。

セッションのお問い合わせ(サイキック・タロットリーディング・風水鑑定)
電話鑑定:30分 1万円  お問い合わせ

*台湾(台北)界隈のお住いの方にお知らせでございます。^^^^^^^^
風水現地鑑定・筆書き込みの出張鑑定を開始いたします!!(台北付近限定)交通費・宿泊費は全てこちら側で自己負担致します。

*詳細はお問い合わせから遠慮なくお尋ねくださいませ。^^^^^^^^^

image

ランキングアップへのご協力ありがとうございます!

鳳凰が空を舞っているお写真。

待ち受けにしてくださった方から早速、開運報告が届きました!!

あと、心が穏やかになったというご意見もありました(笑)

応援バナーをクリックしてください!!ランキングが圏外からじわじわと上がってきております。皆様どうぞランキングアップにご協力お願いいたします!!下のバナーをぽちっと!押してください!ご協力に感謝です!!

mahalo

本日も応援のクリックをどうぞ宜しく御願い致します。
ランキングアップにご協力ください。皆様の応援に感謝です!!
ぽちっとな!⇩⇩
Please click these Ranking buttons♪

ワンクリックで両ランキングサイトへ応援クリックできます。

2 Responses to 生きながら色欲道に墜ちた場合

  1. 凄く響く言葉ですね。
    特に優しい顔の下は般若…。
    色欲に狂うと本当にろくな事がない。
    体目的の男しかこないから、気持ちは満たされないし、友人達は周りから消える。
    人が嫌だと言われることも平気でやっちゃうし、周りに対する配慮なんてありゃしない。
    まず第一に優しさが消えてますね。
    自分がやりたい事やって何が悪いの?
    文句言わないで!!!
    って気持ちが強くなる→我儘になる。
    結果、周りから良い友人も消えるし我が強くなって男も逃げる。
    共依存の人たちしか周りに集まらなくなる。
    当たり前の事がわからなくなる…という悪循環。

    こんな時には色んな所から魔の手が忍び寄る。
    お金を借りたいがために平気で嘘ついてくるやつ。
    騙そうとするやつ。
    タカることを目的とするやつ。

    信頼してる人にも平気で裏切られますよ…。
    これ全て実体験済み。

    全てなくす前に気付いてくださればいいな…。

  2. ナナイシ

    「陰陽師に、いろんな意味で世話をしてくれる人がアナタには必要ね。でないと、アナタは診療内科行きね。」と言われたんだと、以前体の関係があった男からメールがきました
    (妻子持ちです)

    私にまた世話してくれ的なこと、言ってきました

    もう縁は切ったつもりでした
    私は、相手のアドレスは削除してましたが、向こうは残していたんですね…
    ゾッとしました

    陰陽師って
    そんなこと言うんですかね…

    その男は、すごい陰陽師と出会ったって言ってるみたいだけど
    よそに女作れなんて言う陰陽師って
    本当にホンモノなのかな…

    夏の怪奇です。ホント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。