BeBeのつぶやき

無理な頼み事をして来る人とは距離をおいた方が良い理由。

aloha

気付けば4月・・・昨日は母がたの祖母の命日でした。
桜の花を見ると祖母との別れの日を思い出します。

3月は企画書作りの1ヶ月と決めていたので、色々と企画を練ったりリサーチしたり、そんな事をしているうちにあっという間に終わってしまいました。
当初は、1つだけ企画を作る予定でしたが、結局3つ作って先日編集さんへ提出しました。
まずは編集さんが企画に目を通して、『ユニークだ』と思ってくださらなければ、版元さんへ提出して頂けません。

たかが企画書作りに1ヶ月の日数を要する私・・・(笑)
本当は、一気にやれば数時間で出来るんですけど・・・(ホンマか?)今年のコンセプトはのんびりなので、1ヶ月かけて作ってみました。
これまで自分を追い込み続けてきたので、今年はなんでもゆっくりを心がけます(ただのナマケモノですね・・・。)

今日も、オフだったので明日お引っ越しする、上の階のほたるちゃんとカフェで占いしました♪
カフェで占いとか多分10年ぶりくらいかも〜(笑)最近授業の時くらいしかタロットを持たないので、久しぶりにマナカードをしました。

covid10の爆心地新宿ですから、カフェの中だと感染が怖いので外でお茶します。
最近は、太陽が出てる時は20度越えの日も多いので、外カフェがとても気持ちが良いのです。
新宿には、テラスでカフェできるお店が沢山ありますが、私は9cmのパンプスで歩いて来れる自宅から100メートル程度の、フレッシュネスのテラス席が大好きです。
昨年から、店内が禁煙になったのと、元々新宿は路上喫煙が都の条例で禁止されているので、常識のある人は路上でタバコを吸いません。
路上喫煙をする人は、非常識なホストか同じく非常識なホステスかタバコが手放せないホス狂いの女子か、うだつの上がらないサラリーマンとかくらいです。(凄く偏った意見だ・・・・笑)
そもそも、パフォーマンスの高いサラリーマンはお昼休みにダラダラと、数人でタムロして路上タバコなんかしねぇ。

軽く毒を吐いたところで、本日のお題『無理な頼み事をして来る人とは距離をおいた方が良い理由』のお話をしようと思います。

先日頂いた”ももか”さんからのメールをご紹介します。

いつもブログを拝見させて頂いております。
内視鏡検査でのトラブル大変でしたね、ブログを拝見して医師である夫にそのようなことがあるのかと尋ねましたら、『非常にごく稀なケースだけど、万が一の時は命を落とす事もある』と言っていました。
現在は無事との事で安心致しました。
先週のブログを見ていたら、借金の申し込みを断った事で、とても不快な思いをなさったとのこと。
『今後は借金の申し込みをする人とはお付き合いを致しません』と、書かれていましたが、実は私が今まさにBeBeさんと同じ立場に置かれています。

私は、あまり人付き合いが得意な方ではなく、いつも人付き合いの難しさに立ち行かない思いをしています。
結婚はしていますが、子供は持てず夫とプードルとダックスと4人家族です。

数日前に、高校時代からの友人Yさんから連絡がありました。
私は田舎の出身ですが、結婚で東京に住んでいます。
友人は、地元で早くに結婚したので大学生のお子さんが2人いらっしゃいます。

地元の友人とは、グループLINEで(5人くらい)時々近況を報告しあったりしますが、私はいつも聞き役で他の4人が色々な事を投稿して、愚痴を言ったり、情報を交換したりする感じです。

Yさんは、いつもならグループLINEからの連絡なのに、個人連絡の方から連絡が来たので何か間違えたのかと思って、既読にしたらYさんからの借金の申し入れでした。
そこには、お子さんが、大学のオンライン授業に馴染めず大学を休学すると言い出しこと。
ご主人事業がコロナの影響でうまくいかなくなり、会社の存続のために200万ほど貸してもらえないか。
と言うような内容でした。

休学となると学費はある程度収めなければならない、休学の期間も決まっておらず学費の工面が難しい。
ご主人の事業は、銀行や公的資金のサポートは受けられず残された道は自己破産しかない。

ご主人はあちこちから借金をしていて、もう借りる当てがない。
今月300万円あればなんとか凌げるので、どうにかして切り抜けたい。
ただ、300万円を借りてもすぐには返せないので、分割で返済したい。
きちんと利息もつけるので、300万円貸して欲しい。
そういったことが書かれていました。

Yさんには、高校時代から唯一心を許して色々と話が出来る関係で、これまでもお互い困った時は助け合ってきました。
Yさん家族が震災にあった時は、色々と物資を送ったり、ペットを預かったり、私が家庭のことで悩んでいる時は相談に乗ってくれたり、これまでとても良い関係を築いて来たので、何とか助けてあげたいという気持ちはありますが、300万円は主婦の私にはとても用意できる金額ではありません。

私は、専業主婦なので、自分のお金というものがありません。(お金は夫が管理しています)
夫は医師ですが、義母と義兄に毎月送金をしているので、正直それほど余裕があるわけでもありません。
当然ですが、私だけの判断では300万円もの大金を用意する事が出来ないので、悩んだ末夫に相談すると『金は絶対に返って来ないから貸すな』と吐き捨てるように言われてしまいました。

Yさんに、お金が作れないこと、夫にも断られた事、困った時に助けてあげられなくて申し訳ないというお詫びの連絡をすると、Yさんから返信が来て、『私たちは、困った時に助け合える関係だと思っていました。困っているから恥を覚悟でお願いしている。
私はあなたが困っているときに色々と助けて来たのに、あなたは私が本当に困っている時に助けてはくれない、肝心な時に助けないあなたは人として最低だ』というような事が書かれていて、私はショックで呼吸が出来ないほどでした。

助けてあげたくても、私には資金がありません。
今用意出来るお金があちこちかき集めても、100万円が精一杯です。

夫は、絶対に1円も貸すな!と言います。
100万円では足りないのは分かっていますが、100万円でも貸すべきでしょうか?
人から借金の申し入れを受けたことがなく、あまりにも大金でどうしたら良いのか自己判断ができません。
Yさんとは、今後どのようなお付き合いをしていくべきでしょうか。
お金を貸さない私は、人として最低なのでしょうか。
この事で、夫からも嫌な顔をされてしまい、どうしたら良いのか混乱しています。
BeBeさんならこんな状況の時、どういう風に対処してどうやって心を穏やかに保ちますか?

長くなってしまいましたが、何か一言でもアドバイスを頂けると嬉しいです。

回答↓

まず、私もご主人と同意見です。
お金は返って来ないと思います、たとえ分割で数回返って来たとしても、恐らく数回で途切れるでしょう。
理由は、今300万円が用意できない会社が、来月、再来月と永遠に続く資金繰りを、会社が持ち直すまでクリアしていけるとは思えないからです。
あくまでも私の私見ですが、もう既に銀行や公的機関は頼れない状況だとの事、事業の運営にかかる税金や保険などの滞納の可能性もあります。
Yさんのご主人の会社が、金融機関から現在幾ら借りているのか?会社の状況はどうなっているのか?というような事がわからないので、大まかな私の意見ですが、経営者や経営者の配偶者が借金の申し込みをして来るときは、大抵八方塞がりな場合です。
ほとんどの金融機関から融資を断られて、仕方なく個人宛に借金の申し込みをしてきます。

結論から言いますと、ももかさんが泣けなしの100万円をYさんに投入しても、200万円足りなければ意味がないんです。
当然あちらこちらからかき集めているでしょうから、他から50万、中には10万円なら貸してくれる人もいるかもしれません。
さて、利息の話に戻りますが仮に10%の利息を付けて返済してくれるとしましょう。

Yさんは、他の人にも当然利息を付けて返しますというような事を言っているでしょうから、あっちこっちからツマんだ借金の利息って月に幾らになると思いますか?
単純計算で300万円をあちらこちらから借りたとします。
年利なのか月利なのかにもよりますが、月利なら1ヶ月で10%の利息は30万円です。(まず月利は無いだろうけど・・・・。)
300万円借りなければ会社が立ち行かない人が、月利30万の余力があると思えますか?
年利であれば年間30万円、それをあちらこちらの人に返す訳です。

そもそも分割って何回で返済なのでしょう?返済計画書は?ついでに300万ものお金を個人的に貸すのですから、担保は?ってな話になりませんか?

私は、両親から自分の身の丈以上のお金を貸せと言われたら、『その人物とは2度と関わるな』と厳しく言われて育ちました。
3000円貸して・・・1万円、3万円、5万円・・・自慢ですが私はこれまでの人生で、お金を貸してたった一度も返済して貰った経験がありません。
『今、お財布に入ってないから1万円かして〜!ATMでおろしてすぐ返す!』とかいう例を省いて、ただの一度もお金を返して貰った事がないんです。
借金の申し入れをされると、『困ったときはお互い様、貸せる金額であれば無理をしてでも貸すべき・・・。』人が本当に困った時に助け船を出せるのが、真の人助けだと思って来ました。
でも、不思議なものでお金はただの一度も返って来た事がないんです。

そして、お金を貸した人との関係は、借金の関係が発生した時点で無くなってしまいます。
理由は、お金を貸した段階でその人との力関係が平等ではなくなるからです。
一度でも、相手がお金を返してくれなかった段階で、『私はお金を取り立てる人』相手は『債務者』という関係になります。

おそらくYさんは、ももかさんのご主人はお医者様だし、ももかさんも専業主婦だから、ある程度お金にゆとりがあるだろう。
300万円くらいなら、なんとか貸して貰えるだろうと甘く考えたのだと思いますが。

私は働く主婦ですが、働いていても300万円は大金です。

私も、経営のコンサルをするようになって、資金繰りで立ち行かなくなる経営者を何人も見て来ましたが、今を切り抜けてもまた数ヶ月後に資金繰りに行き詰まる方が、ほとんどです。
当然、私がコンサル契約をすると、そんな事もなくなりますが(お〜言い切った〜すげ〜笑)通常は、今を抜けても数ヶ月後にまた資金難です。
もっと言うなら、300万円貸しても、相手が飛んだら(破産)終わりです。

だから、100万円を貸すのではなくて、あげる覚悟があるのであれば、差し上げれば良いのではないでしょうか?
貸してしまうと、返済が滞るたびに、ももかさんの心が摩耗していきますよ。

お金を借りる方は必死ですから、どんな事をしてでも今月300万円必要!お金以外のことは全く耳に入らなくなります。
借金させてくれそうな人には、なりふり構わず頭を下げます。
お金に行き詰まる人というのは、ご自分でも気付かないうちに沢山の人を傷つけ、悲しませます。
そして、借金の申し入れをして断られる度に、大きな厄を背負います。

ももかさんには酷なお話ですが、ご主人のいう通り、Yさんとは関わらない。
それで十分だと思います。

Yさんはお金を貸して欲しい、と頼んだ段階で無抵抗なももかさんを、深く傷つけました。
お金がないのは自分の責任、責任転嫁は自分に戻ります。

頼む方も傷つくのかもしれません、断られると当然ガッカリするでしょう。

でも、頼まれる方はもっとガッカリです。
せっかく良い関係を築いていても、その言葉で全てを失ってしまうようなものだから。
ももかさんは悪くもないのに、申し訳ないとYさんにお詫びした事でしょう。

そもそも、悪くないのに謝る必要はありません。

無理をして、上部だけの関係を続けると、『ももかさん』の心が疲れてしまい、それこそ運気が落ちてしまいます。
不運はうつります、鬱がうつるのと同じように、不幸は伝染していきます。

交通事故があった場所で、また同じ事故が繰り返されるという話を聞いた事がありませんか?
自殺の名所も同じ事です。

お金が無いが口癖の人に関わると、自分もそうなります。
引き込まれてしまいますよ・・・。

Yさんとは、潔く離れましょう。

『本当に困った時に助けてくれない・・・。』ではなく、『困った時こそ本当に大切な人には頼まない』のが真の友情です。
Yさんは、ももかさんとの関係が大切じゃないから、借金の申し入れをされているという事ですよ。
お金以下の存在という事です。

試しに、仲良しのグループラインの友人に全員に聞いてみてはいかがですか?
おそらく、Yさんからお金の無心をされたのは、ももかさん1人だけですから。
他の人はされていないと思いますよ。

以上が私の回答です。

桜の花が随分と寂しくなって来ましたね・・・・。
4月3日は昨年私がお引っ越しをした日です。

あっという間に1年。
初代のうきわちゃんがいなくなって、生まれたてのうきわちゃんがやってきて。
雪が降って、桜が散って・・・・来月は私の誕生日だ。(笑)

カフェでマナカードなんて本当に久しぶりでした。
昔は、セッションの場所がなくてカフェでお客さんを占わせて頂いていました。

初心忘るるべからずですね。

mahalo

POSTED COMMENT

  1. bliss より:

    BeBe先生、初めまして。長年ブログを読ませて頂いてます。とても勉強になるのはもちろんですが、先生のご意志やお志の真っ直ぐさに、安心感を感じます。今回初めてメルマガ登録させて頂きました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  2. Be-Be より:

    bliss 様

    初めまして、BeBeです。
    長いお付き合いをありがとうございます。
    メルマガ登録も嬉しいです。

    もう少ししたらメルマガ限定記事を配信します。
    月に1回程度特別企画やコソコソ話を搭載予定です(笑)

    今後とも何卒よろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。