スピリチュアルで恋愛運UP!
スピリチュアルカウンセラー ビビのラブスピリチュアル

最近の記事|アーカイブ|Aya

収入アップの秘訣

aloha

久しぶりのメルマガ配信・・・メルマガ会員様の元には、わたくしからのメルマガ届いていますでしょうか?
8月25日の超開運風水暦の出版に先駆け、先行特別価格のイベント企画をご案内いたしております。
まだ開いていないよ・・・という方は、ゴミ箱に放り込む前にどうぞ見てやってください。
風水監修の特別な内容がご案内されております〜。

風水は眉唾・・・。そう言われる事も多い風水対策ですが、風水は環境学問です。

フライングスターの起源は(紀元前2637年)と言われており、最も古いとされている記録は、唐の時代に敦煌の洞窟に描かれた9つの星と言われています。
この時代は、日本から遣唐使が派遣された時代で、玄宗皇帝は日本人を暖かくもてなしたとのこと、しかしフライングスターの知識だけは絶対に国外に出すな!と箝口令を敷いたという話を、何かで読んだことがあります。

やがて時代は過ぎ、唐の情勢不安も手伝い遣唐使制度が廃止されたこともあり、風水術という学問が日本に漏洩することはなかったようです。
結局、玄宗皇帝はこのフライングスターを国の最高機密とし、国民にすら伝えなかったとか・・・・。

幾つかの王朝が栄えては滅び・・・また栄えては滅びていくなか、フライングスター風水術は最高機密として、風水老師達の手によってしっかりと守られ、当然庶民の元にこの秘密が漏れることなく一部の老師だけで語り継がれていったそうです。

しかし、ここまで徹底して守り抜かれたフライングスター風水術が、なぜ一般的になったのかというと、1912年の清王朝が滅びた事がきっかけなのだとか・・・。
それまでは風水術は皇族や高官達の為のものだったそうですが、その制度がなくなってしまった事で、老師たちは雇い主を失う事になってしまったそうです。

そこで、老師達は生きる為に仕方なく、商人や庶民へとその高い敷居を下げていったそうです。
その後、中華人民共和国の時代になり、共産党政権が掲げた『迷信撲滅運動』というスローガンに弾圧され、老師達は行き場を失い台湾、香港、シンガポールへと移り住んだおかげで、この貴重な風水の知識は守られ受け継がれる事となったそうです。

2010年に私がマレーシアへ渡り、リリアントゥーより風水を学んだ時代は、まだ日本でもこのフライングスターという流派は極めて珍しく、あまり耳にする言葉ではありませんでした。
日本でメジャーといえば、やはり西に黄色のあの先生がダントツの人気です。今でもその人気は衰える事なく、本屋さんには所狭しとDr.コパブランドが並んでいます。
風水が眉唾であるなら・・・当然、この方の抜群の人気は廃れているはず・・・しかし、風水は環境学問ですから廃れるはずがないのです。

風水のお話はこのくらいにして、本日は風水を施さずに収入をアップし、出世する方法なんてことをご紹介してみようと思います(笑)
(続きを読む)

投稿者:BeBe
2017年8月21日
02時35分

最近の記事

アーカイブ
E彩のラブスピリチュアル
Eチワワノウキワ

このページの上へ
トップにもどる
Ayaのラブスピリチュアル チワワノウキワ

友達に教える
サイトについて
wお問合せ

(c)LOVEスピリチュアル